講演・セミナー

オンラインによる潮見坂リーガルセミナーのお知らせ(12月配信)


当事務所では、継続的に「潮見坂リーガルセミナー」を開催して参りましたが、昨今の新型コロナウイルス感染症感染拡大の影響により、従前どおり開催することが難しい状況となりましたため、現段階ではオンラインセミナーとして開催しております。
12月の配信内容は以下のとおりとなります。
皆様のお申込みを心よりお待ち申し上げております。
 

■12月配信

テーマ  下請法の基礎と新型コロナウイルス流行下における留意点
講 師  弁護士 辻川 昌徳(第一東京弁護士会)
所要時間 全約40分(全3回)
配信日  2020年12月1日(火)配信中
概 要  新型コロナウイルスの状況下において下請事業者に不利益を及ぼす取引の増加が懸念されています。本セミナーでは、下請法違反の防止という観点から、今一度、下請法の基本的内容を解説すると共に、新型コロナウイルスの状況下における留意点についてもご説明いたします。


その他  ※ お申込みいただいた情報から、当事務所が適切でないと判断した場合、ご連絡なくご視聴をお断りする場合がございますので、ご了承ください。
     ※ 受講料は無料です。
     ※ お申込み後、メールにてセミナー動画のURLをご案内いたします。
       なお、お申込みいただいた後は、以降配信されるセミナーもご視聴いただけます。
 

■過去の配信

テーマ  コロナ禍における会社法実務の論点整理
講 師  弁護士 阿南 剛(東京弁護士会)

テーマ  新型コロナウイルス対応に関する人事労務上の諸問題
講 師  弁護士 蓜島 啓介(第二東京弁護士会)

テーマ  コロナ禍におけるM&Aの工夫
講 師  弁護士 後藤 高志(第二東京弁護士会)

テーマ  コロナ禍における裁判所(第1回)
     コロナ禍における事業再生(第2・3回)
講 師  弁護士 河西 一実(第二東京弁護士会)

テーマ  コロナ禍における業務委託契約の実務(システム開発契約を中心として)
講 師  弁護士 高橋 元弘(東京弁護士会)

テーマ  コロナ禍における金融機関の対応や事業会社による金融機関との付き合い方
講 師  弁護士 鈴木 正人(第一東京弁護士会)

テーマ  コロナ禍で加速したDXとデータ法制
講 師  弁護士 藤本 知哉(第一東京弁護士会)

テーマ  新型コロナウイルスにかかる法務対応と個人情報
講 師  弁護士 安達 裕(第一東京弁護士会)

※ 資料欄より各セミナーの概要をご覧いただけます。
 

お問い合わせ先
TEL: 03-3596-7300
Mail: shiomizaka-seminar@szlaw.jp


開催日時

本文参照

資料

過去の配信リスト